Daily Occurrence

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode2 興味と踏む二の足。



TEXAS STYLEとロックンロールと出会った。
だからと行って特にベースに目がいって楽器に興味が出たとか、ロックやりたいって気持ちは少しも出てこなかった。
定期的に開催されるイベントに足を運んでは前回よりも少しだけ詳しくなった自分が前回よりも少しだけノれる。
本当それくらいだった。

進展があったのは中3の夏だったと思う。
今で親友と呼べる仲間ではあるが、当時はイケイケで何の接点もい友人Sが近くに引越して来たことだった。
初めて話したのは確か帰り道の公園。
帰り道と言っても俺の実家は山奥で歩くと小一時間かかる。
Sは車の迎えを待っていたらしく乗ってくか?と声を掛けてくれた。
迎えが来るまでたわいもない話をした。
慣れた仕草で煙草に火を付ける姿が印象的だった。
それから程なくしてSとの交流が増えてった。
暫くしてから和夫たちがバンドの練習場所を探してるみたいだという相談をSから受けた。

俺は二つ返事で了承した。
山奥で音出してもほぼ問題は無いし、それなりにスペースもある。
まあ、少し遠いってのは問題だったろうけど。

その頃だったと思う。
まともに和夫と話したのも。
前ベースのユウジは一時期クラスも一緒だったことで大した壁も無かった。まあ何よりみんなバスケ部だったから並には話すくらい。
その時のおできは年代的にも雲の上の人だった。

俺たちが中学3年の時もまるで伝統の如くDIYなイベントに参加した。
機材を運んだり、ビラ配ったり。そんな作業の方が正直向いてる。
目の前で演奏する彼らを観て、自分が楽器を手にするなんて姿も考えも浮かばなかった。

そのまま流れて中学を無事卒業した。

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ryutafurudate.blog.fc2.com/tb.php/362-2193186e

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

I am

ryutafurudate

Author:ryutafurudate
TEXAS STYLE Ba
Hi, very good of you to visit me.

New

Comment

Archive

Links

TEXAS STYLE OFFICIAL WEB SITE Ryuta Furudate facebook Ryuta Furudate on Twitter

QRcode

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。