Daily Occurrence

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode3 新たな門出と変化。



中学卒業後、隣町の高校へ進学した。
この同高校への進学が和夫との壁を低くしたことは言うまでもない。

高校の時TEXAS STYLEはオリジナルの楽曲制作を開始していて、八戸や盛岡といった地元から少し離れた土地へ行きライブハウスでの活動を始めた。
これは余談だけど、企画もののオムニバスアルバムなんかにも参加してた。多分その某音源がTEXAS STYLEとして初の流通音源なはず笑

当時、特にスタッフでもない中途半端なローディーみたいな連中を高校生バンドが連れて歩くんだから今思うと面白い光景だ。
惑星、THE NEAT BEATS、うつみようこ&ヨコロコバンドといった今考えても豪華過ぎるバンドの前座で出てた。
仙台なんかへもライブしに行ってた。今でも記憶にあるのが当時まだ移転前のバードランド。
薄暗くて汚くて正にライブハウスって感じがした。

この日の打ち上げが某ライブハウスの店長と初めて呑み交わした日である。この日言われた言葉は今でも俺の大事な言葉になってる。

相変わらず、俺の実家はTEXAS STYLEの練習場所。
オリジナルの楽曲制作を始めるって事で何処からかMTRを入手してきた。何度か変わってるとは思うけどつい最近の音源制作までこのMTRは大活躍している。

楽曲制作と称して学校を抜け出す事もあった。
当時の楽曲から合わせたら今でもすごい曲数だと思う。

和夫とユウジの高校卒業を目の前にしてTEXAS STYLE解散ライブなるものを実は1度開催している。
この時練習試合をすっぽかして準備を手伝った。部活部長なのに。
もちろん場所は地元の貸しホールで。
確か20曲くらいやってた。
今のワンマンと変わんねーくらいの曲数。今思い出してもすごいな。笑

解散ライブを無事終えてみんな高校も卒業した。
TEXAS STYLEは東京へ行った。
厳密に言うとややこしいからこう記しておくことにする。
和夫が地元を離れる時、餞別の煙草を持って見送りに行った。

付き合いが長くなるにつれても、この頃まだバンドをやるなんて微塵も思っていなかった。

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ryutafurudate.blog.fc2.com/tb.php/363-ccb5a43c

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

I am

ryutafurudate

Author:ryutafurudate
TEXAS STYLE Ba
Hi, very good of you to visit me.

New

Comment

Archive

Links

TEXAS STYLE OFFICIAL WEB SITE Ryuta Furudate facebook Ryuta Furudate on Twitter

QRcode

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。